高級中華をお手頃に!横浜中華街の老舗「華正樓」

今回は横浜中華街にある「華正樓」さんへお邪魔してきました。


こんにちは。今回はこんぶです。去る昨年の某日、友人達と忘年会へ行ってきました。幹事のネオロイド氏の計らいにより横浜中華街の名店と名高い華正樓で安く旨いものが喰えるというのでホイホイついて行きました。


店内は落ち着いた感じで、我々のような田舎者が入っていいのかちょっと悩みます。でも気にせずぐいぐい行きましょう。


案内されたのは華正樓新館の奥深くの個室。人恋しい寒風吹きすさぶ最中、こんなところに男汁を垂れ流す野郎どもがむらむらと集まっている姿を想像すると、なんだか吐き気、いえ涙が出てきますね……。


席に着くと、まずはおつまみのザーサイをいただきます。私はこれが小さいころから好きで、バー○ヤンで父のビールについてきたザーサイは、いつも私がほとんど食べていました。


つづいて前菜の盛り合わせ。チャーシューやピータン、クラゲなども乗っていて豪華ですね。


お次は蟹肉入りフカヒレのスープ。寒い日にいただくとろみのあるアツアツスープは、心底身体に沁みます。また、蟹とフカヒレも結構しっかりしていて歯ごたえと味がしっかり楽しめました。


こちらは揚げパン?ですw 正式な名前はちょっと忘れてしまいましたが、揚げパンでした。甘みがあって美味しい。


車海老の炒め物(塩味)。さっぱりとしたお味が上品でした。なお食欲に負けて大皿は写真を撮り損ねました(笑


次に出てきたのは、アワビのカキ油煮込み。しっかりしたアワビがたくさん入っていて、お味もばつぐん。こりこりしたアワビは噛めば噛むほど、旨味の詰まったスープが溢れだしてきます。


つづいて和牛肉と玉ねぎ炒め。甘辛い味付けでご飯が欲しくなります。和牛の脂がいい具合に玉ねぎに絡んで、まさに旨味の塊のようでした。


さらに酢豚。ここいらでやや酸っぱいものが来るとお腹が落ち着きます。むしろちょっとお腹がすきました。


さあ、ついに運ばれてきました。お待ちかねの北京ダック! 今日はこれが食べたくて来たようなものです。


北京ダックは店員さんがひとつひとつ巻いてくれます。いやーわくわくがとまりませんねえ!


そして手許に運ばれてきた北京ダックくん。甘辛いソースと脂が混ざって口の中で溶けるようです。皮はパリッと焼きあがっていて、いい歯ごたえ! いつも思うんですが、本当は北京ダックのお肉の部分も食べたいんですよねえ(遠い目)


そして最後は蟹肉入りチャーハン。〆のチャーハンですかね? これも蟹の味わいがチャーハンに溶け込んで大変美味しくいただけました。


さて、お料理も終盤に差し掛かってきて、ゴマ団子です。しょっぱいものを食べた後の甘いものってなんでこんなに旨いんでしょうかね(デブ)


最後は杏仁豆腐。すっきり甘くて、お口の中がさっぱりします。ごちそうさまでした!!


いやーよく食べました。これだけいただいて1万円ちょっとというコースでしたが、これはお得ですね。これも全て感じのネオロイド氏のおかげです。ありがとうございました。なお余談ですが、帰りに華正樓のお土産店で買った肉まんがとても美味しかったです。中華街に来たら肉まんは買って帰った方がいいですよ。買わないと次の日中華の味を思い出して、絶対後悔します。おすすめはこの華正樓さんか、北京飯店さんですね。

以上、お腹いっぱいでも肉まんは必ず買って帰るこんぶでした!

 店舗名:華正樓 新館
 営業時間:11時半~22時
 定休日:なし
 駐車場:なし(近くにコインパーキングあり
 所在地:横浜市中区山下町(Google Map)
 備 考:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です